活動内容

子どもも、障害者も、老人も。快適な福祉サービスを受けるためにがんばります!

  • 福祉オンブズマンの養成・研修・派遣を行います。
  • 福祉サービス提供事業者および利用者への啓発活動を行います。
  • 権利擁護に関する調査・研究・提言をします。
  • 福祉オンブズマンネットワークづくりを推進します。

「セーフティネットオンブズマン」としての活動

※セーフティネットオンブズマンとは、セーフティネットあおもりが派遣する福祉オンブズマンの呼称です。

  • 原則として、月1回、男女ペアで契約事業所を訪問します。
  • 訪問時に利用者と面談し、お話やご意見を伺います。
  • 職員と情報交換し、苦情解決等について相談します。

<活動状況>

1.オンブズマンの構成 
人数 延101名 (構成) 弁護士・社会保険労務士・行政書士・民生委員・福祉施設従事者・会社員・主婦等

令和3年4月1日現在

2.オンブズマン活動地域

・東青ブロック・弘黒ブロック・西北ブロック・県南ブロック・下北ブロック

3.オンブズマン派遣施設の状況

1)  内訳 (66施設)

高齢者施設 28ヶ所
障がい者施設 28ヶ所
児童施設 9ヶ所
NPO法人 1ヶ所

令和3年10月1日現在

2)  特徴
高齢者施設、障がい者施設とも施設契約総数の42.4%で、両施設を合わせると約85%になります。

4.オンブズマン派遣事業

1) オンブズマン活動事業

・基本的には、毎月1回男女ペアで施設を訪問し、利用者との話し合い、巡回・視察の中から問題点を発見し、施設側に報告書を提出している。場合によっては施設側に改善先を求める。

・年間数回、施設関係者と運営会議や合同会議の場を持ち、意見交換、情報交換、研修を行い、共通の認識のもと改善策を探る。

・契約施設利用者の延べ面談数は5ブロックで5,111名となっている。

2) ブロック活動事業

・東青・弘黒・西北五・県南・下北の5ブロックで、定期的あるいは随時事例検討、定例会議、研修会を開催し、ケース検討を行っている。

・東青では、定期的にオンブズマンと契約施設職員との全体会を開催している。施設から見たオンブズ活動、苦情内容への対応等について意見交換をしている。

NPO法人 セーフティーネットあおもり